オンラインプレイ用サーバ作成方法その2(スコア管理編)

タイムを記録するための、ツールの導入方法について記述する。

なお、スコア管理ツールは、ゲーム(クライアント)が最新でないと接続できなくなる可能性あり。最新版(現時点で2.11.26)は公式HPのダウンロードリンクにある(steam版のTrackmaniaNationsForeverも古いみたい)。

1. xamppをインストール

スコアをデータベースで管理するため、xamppをインストールする。xamppにはMariaDBというデータベースやそれを管理するためのツールなどが含まれている。

【ダウンロードリンク】

https://www.apachefriends.org/jp/download.html

5.6.30 / PHP 5.6.30(5.6.Xの最新バージョン。他のバージョンでもいいかもしれないが、未検証のため、このバージョンが無難)

インストールの詳細は
https://techacademy.jp/magazine/1722

などを参照。

インストールが終わったら、MariaDBの管理者アカウント(root)に対して、パスワードを設定しておく(初期値はパスワードなし)。

設定方法は、

https://www.adminweb.jp/xampp/mysql/index2.html

を参照。「MariaDBへの接続テスト」は行わなくてもよい。

rootのパスワード設定後にphpMyAdminのログインに関する設定を行う。

https://www.adminweb.jp/xampp/mysql/index3.html

 

2.1 xaseco v1.16をインストール

http://www.gamers.org/tmn/

から、xaseco v1.16をダウンロードし、解凍する。

newinstallフォルダの.phpファイル以外をxasecoフォルダに、.phpファイル(3つ)をxaseco\includesに移動する。

 

設定ファイルを変更する。

1.config.xml

 <masteradmins>
 <!-- /ip:port in tmlogin only needed when joining server over LAN -->
 <!-- ipaddress can be specified to guard each login against       -->
 <!-- unauthorized use of admin commands from other IP addresses   -->
 <!-- format:
 <tmlogin>YOUR_MASTERADMIN_LOGIN</tmlogin> <ipaddress>YOUR_MASTERADMIN_IP</ipaddress>
 -->
 <tmlogin>トラックマニアのアカウント</tmlogin> <ipaddress></ipaddress>
 </masteradmins>

これは管理者用のIDを設定する部分で、トラックマニアのアカウントにはいつもゲームプレイしているアカウントを指定する。複数指定することもできる。

自宅のゲームサーバの場合、ipaddressの値は設定不要。

 

<tmserver>の<password>をSuperAdminに、<port>を5000から5002に変更する。

  <tmserver>
    <login>SuperAdmin</login>
    <password>SuperAdmin</password>
    <ip>127.0.0.1</ip>
    <port>5002</port>
    <timeout>180</timeout>
  </tmserver>

 

2.dedimania.xml

<masterserver_account>の各項目を以下の様に修正する。

 <masterserver_account>
  <login>サーバ用アカウント</login>
  <password>サーバ用パスワード</password>
  <nation>JPN</nation>
 </masterserver_account>

サーバ用アカウントサーバ用パスワードはServerManiaの【Network】タブで設定したものと同じものを設定する。

3.localdatabase.xml

以下のようにDBの設定を行う。

 <mysql_server>localhost</mysql_server>
 <mysql_login>root</mysql_login>
 <mysql_password>rootのパスワード</mysql_password>
 <mysql_database>xaseco_db</mysql_database>

xaseco_dbはスコア管理用に作成するデータベースで、名前は何でもよいが、以降も出てくるので、xaseco_dbとしておく。

4.データベースの作成

MariaDBでデータベースを作成する。

MySQLの【admin】ボタンをクリック

【データベース】タブをクリック

データベースを作成するというところで、データベース名にxaseco_dbと入力し、【作成】ボタンをクリックする。(照合順序は変更不要)

5.テーブルの作成

【インポート】タブをクリック

xaseco\localdb内の以下の3つ.sqlファイルを一つづつ選択し、それぞれ【実行】をクリック。

・aseco.sql
・extra.sql
・rasp.sql

6.aesco.batのパス書き換え

赤字の様に、実際にインストールしたフォルダ名に書き換える。

@echo off

rem ****** Set here your php path *******

set INSTPHP=C:\xampp\php

rem *************************************

PATH=%PATH%;%INSTPHP%;%INSTPHP%\extensions
"%INSTPHP%\php.exe" aseco.php

pause

 

2.2 プラグインの追加

以下の二つのプラグインを、リンク先からダウンロードする。

Fufi Menu v0.37

http://www.tm-forum.com/viewtopic.php?t=17450

これは左上にメニューを表示するプラグイン。無くてもそれほど困らない。

Fufi Widgets (v0.80b)

http://www.tm-forum.com/viewtopic.php?t=15897

これは、各タイムをウェジットで画面上に表示するプラグイン。

 

解凍したものを、xasecoフォルダとpluginsフォルダへそれぞれコピー。

xasecoフォルダのplugins.xmlに、以下の様に2行追加する。

 ・
 ・
 <plugin>jfreu.plugin.php</plugin>
 <plugin>mistral.idlekick.php</plugin>
 <plugin>plugin.fufi.menu.php</plugin>
 <plugin>plugin.fufi.widgets.php</plugin>
</aseco_plugins>

3. xaseco起動

ServerMania等でTrackManiaサーバの起動が完了したら、xasecoフォルダのaesco.batをダブルクリックして起動すると、クライアントの画面上に記録タイムが表示される。あらかじめデスクトップにショートカットを作成しておくと起動が楽。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中